Unreal EngineやUnityでゲームを作る時に最初はキャラクターやモンスター、建物、乗り物を有料のアセットを購入したり無料のアセットをダウロードして使う事がありますが、Mayaなどの3DCG制作ソフトで作ったオリジナルキャラクターでゲームを作りたいと思った時に、いろんな3DCGソフトで使える拡張子”FBX”があります。

FBXとは?

3DCGをオートデスクFBX(Filmbox)形式で保存されたデータです。
これにはオートデスクのアプリケーションスイートを含む、さまざまなデジタルのでリング及びコンテンツ作成プログラムで使用及び共通出来るモデルが含まれます。
FBXファイルは、ゲーム開発やアニメーションででよく使用されます。

MayaでのFBXの書き出し

今回はMayaでFBXに書き出すやり方ついて紹介します。

①FBXに書き出す場合

メニューバーからファイル⇒”すべてを書き出し”もしくは”選択項目の書き出し”から拡張子をFBXに変更する事でFBXでデータを書き出すことが出来ます。

②Unreal Engine、Unityのプロジェクトに直接FBXに書き出す方法

次にFBXに書き出してUnreal Engine、Unityに直接インポートが出来る方法を紹介します。
メニューバーがファイル⇒”Unityに送信”、”Unreal に送信”で開発中のUnreal EngineとUnityのプロジェクトにインポートする事ができます。

Maya

Unreal Engine

FBXの拡張子で書き出すことでMayaで設定したアニメーションもそのまま反映されます。
今回はUnreal Engine、UnityにFBXでのインポートのやり方を紹介しましたがMayaと同じオートデスク製の3DSMAX、Fusion360と無料の3DCGソフトblenderにもFBXに書き出すこともできます。

この記事の提供元:「コンピー塾」

コンピー塾とは、幅広い年代に対してエンジニア育成に注力した教育サービスを展開しているITスクールです。
AIソリューションや3Dコンテンツ開発、ゲーム開発などを手掛けるIT複数企業による出資により、事業を運営しています。
3DCG、Web、RPAやAIなど、先端技術を主とした短期集中での目的別実践講座の開発・展開に注力し、初心者を含めた個人や企業における幅広いIT人材の発掘や育成を支援しています。
【コンピー塾HP】:https://compy-school.com/

コンピー塾の講座

コンピー塾では、3DCGの技術と基本的なMayaの使い方をご都合に合わせて習得できる入門&基礎コースを提供しています。
更に、ゲーム業界志望の初⼼者向けの育成講座「Unreal Engine入門講座」もおすすめです。

詳しくは下記の詳細ページをご覧ください。
【3DCG/Maya講座】(コンピー塾):https://compy-school.com/2018/10/21/3dcg-maya%e8%ac%9b%e5%ba%a7/
【Unreal Engine入門講座】(コンピー塾):https://compy-school.com/2020/02/07/unreal-engine/