WinActorノート・WinActorEyeについて

今回は、WinActorの機能の1つである、「WinActorノート・WinActorEye」についてご紹介します。
こちらの2つの機能WinActorver7.1までは、WinActorver6.3と同一PCにインストールして使用する必要がありましたが、WinActorver7.2からはこの制約がなくなりました。

また、WinActorver7.2ではUIの変更も行われ、 よりわかりやすく使いやすく操作性の改善がはかられています。 それ以外にも様々な機能が追加されていますので、 今回はWinActorver7.2での変更点、追加機能などを紹介します。

上記の動画では、ITスクール・コンピー塾RPA講座専任講師が解説をしております。
ぜひ「WinActorノート・WinActorEye」を シナリオ作成にお役立ていただければと思います。

コンピー塾とは

コンピー塾とは、幅広い年代に対してエンジニア育成に注力した教育サービスを展開しているITスクールです。
AIソリューションや3Dコンテンツ開発、ゲーム開発などを手掛けるIT複数企業による出資により、事業を運営しています。
3DCG、Web、RPAやAIなど、先端技術を主とした短期集中での目的別実践講座の開発・展開に注力し、初心者を含めた個人や企業における幅広いIT人材の発掘や育成を支援しています。
【コンピー塾HP】:https://compy-school.com/

コンピー塾のRPA WinActor講座

コンピー塾では、RPAツール「WinActor®」を⽤いて、RPAを使って何が出来るか、業務⾃動化とはから学び、導⼊の仕⽅をきちんと伝えるための各種講座をご⽤意し、導⼊⽀援および、導⼊後の 教育⽀援もサポートいたします。
詳しくは下記の詳細ページをご覧ください。
【RPA WinActor講座】(コンピー塾):https://compy-school.com/2019/09/12/rpa-course/